2017年11月01日

【近況】あーやっちまったー

29日に撮った動画、オリジナルを削除しちゃったらしい。哀しい。。

ピッチ状態を見せるための動画とかはYoutubeにあげたからいいんだけど、他にもあったのだー。加工して使おうと思ってたのになー。アップで踊ってるやつとかね。。あーあー。

がっかりだ。。

呑むか。。

おわり。
posted by pon at 18:34| Comment(0) | 身近なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【女サ】宮一のプレーで気になったところがあるから書いておく

まーたこんなことを書くとあれこれ怒られそうだけど(高校生相手にごちゃごちゃ書くのはとんでもない、っていう人たちがいるみたいなんだよな)、だから、コメント機能オフにしとこう。ちゃーんと、聖和とともに、12年も宮城の女子サッカーを見てきてる奴が書くんだから、ぐだぐだいうのは勘弁してね♪メールくれても面倒な内容には返事しないと思う。選手本人からのクレームは対応します。

まずは、ベスト4おめでとうございます。相手の明成は3人も少ない8人でのプレーだったし、かろうじてPK戦で勝ったわけだし、そうはいっても勝ちは勝ちで、しかも直接、強豪校を破ってのベスト4入りです。これは誇れることです。

総体の一次リーグでは東北に1-1で引き分けたものの、一次リーグでは延長もPK戦もないため、そして、東北は部員が減って新人戦では単独では出られないであろうことは予測できたため、強豪校に勝つということは当面ないものと思ってました。

それが、今回、これまでBクラスであった宮一が、4強の一角である明成を下したというわけですから、歴史的な日になりました。

PK戦でも、きっちり5人がきれいに決めていて、そこも高評価です。ベンチの監督さんからも「落ち着け」と一人一人の出番ごとに声をかけていたのも、利いていたものと思います。

一方、明成はたまたまメンバー不足になってますが、新入生が期待できるような話も聞くので、今回、宮一が4位、明成が次回の一次リーグで1位となれば、再びのベスト4を巡る直接対決が行われることになる可能性も高い。

さて、この歴史的ゲームで、宮一はどう戦ったかというと、異常なまでのリトリート戦術でした。

こんな感じ↓。
IMG_0101.jpg

前の二人は、その先の相手に向かってるようにも見えるけど、相手3人に付いてる以外に真ん中に3人いるでしょ?これは何をしてるのか。

さらにこれ↓。
IMG_0102.jpg

相手スローインで受ける選手が2人しかいないのに、宮一は9人も写ってる。それに、後ろ4人がラインになってる。これは何を意図してるのか?

次もそう↓。相手一人に2人で挟んでいるとして、残り5人は何なのか?
IMG_0104.jpg

合同Bなんて常盤木に何点取られても、自分たちのキックオフの時はラインがっつり上げて始めてるんだよね。すぐに奪われて攻め込まれるのもわかってるわけ。そこにあるのはゴールを取りたいっていう意志じゃん。宮一はそういう感じがしない。

勿論、相手はピッチにいる選手が少ないといえども強豪で一人一人の力があるから、心配はある。前掛かりになって縦に蹴られると追いつけないかもしれない、一人二人三人とかわされるかもしれない、だから、この試合ではこうしました、となれば、もうそれはそれで仕方ないんだけど。実際格下相手ではきちんと攻めてるのも見てるし(今回の一次リーグは見てないけどね。やってるの知らなかったし)。

でもさー、相手少ないんだし、これを続けると、前に出られないし、ゴールできないでしょ?実際、ボールを奪っても、ほとんど攻められてなかった。勝つチャンスがあるときは、攻めにも人を出さないとゴールのチャンスができない。

それでも、1ゴールはできたけど、次もあれができるかどうかは、偶然に左右されると思うんだよね。

宮一は、経験者がそれなりのプレーができるし、それに引っ張られて向上してる選手もいるし、でも、高校から始めた選手はレギュラーであっても、かなり不安があるのだろうことは推測できます。特に後ろ側の選手たちですね。

1対1では不安なのはそうなんだろうけど、特に3枚目の写真はやりすぎ。

そして、写真ではわからないことをもう一つ。

例えばドリブルで侵入してこられると、この陣形のままずるずる下がる傾向があるんだよ。そこです、一番の問題って。結局、相手を止められない、ではなく、誰もアタックしないまま下がっていって、シュートされるとかそういうことが実際にあったわけですよ。人数をかけているように見せながら、誰も対応に行かない。その辺を意識してもらいたいんですよね。なんか自分がかわされたら決定的ピンチになる、みたいに怖がってるように見えるんだな。自分がかわされても次の選手がいるでしょ?

ドリブルで攻めてきた、まず、一人目がいく、一人目がかわされることを想定して、二人目も寄せておく、三人目も一人目がかわされた瞬間に寄せる。そうやって次々に当たっていくようにすべきでしょう。二人同時に当たりに行っても余裕で余ってるんだし。

勿論、こういったことをやっていくと、逆のスペースが空いて、狙われるというのもあるんだけど、それも経験でしょ?

ただ、次の聖和に対しては、ずるずる下がる方が有効かもしれないので、すぐに取り入れるべきかどうかはわかんないけど。

# いやいやうちは、強豪相手の時は今後もこれでいきます、っていうことであれば、もうそれで仕方ないというか、尊重します。あくまでも、なんかこうなっちゃうんだよなーとかだったら参考にして欲しいっていうだけだから。

以上
posted by pon at 14:10| サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【女サ】新人戦 準々決勝(その2)

*第3試合 明成(赤)vs宮城第一(水色)
IMG_0088 (480x360).jpg
明成はフィールド8人でスタートし、すぐに一人を引っ込めるし、GKも本職ではなさそうで、かなり厳しい状態。それでも、インターハイ本大会出場のチームなので序盤からうまさ速さを見てます。早々に先取点。

その後も、追加点の狙っていきますが、守備に人数を割いている宮一がどうにかこうにか凌ぎ続ける。宮一GKもキャッチングが安定していて、多少強引に撃っていってもきっちりキャッチ。

前半は1-0で終了。

後半も、それほど状況は変わらないままだけど、明成は当然疲労が出てくる。でも、宮一は前に行くという感じでもなく、このままいくようにも見えたんけど、なんと宮一が奪って、長いボールを入れ、ワンバウンド。相手より一足先に追いついた選手が、落ちてくる前に足を振り上げてゴール方向へ蹴る。これがきれいなループシュートとなり、同点に。

このまま試合終了となり、PK戦へ。先行は宮一。明成はフィールドの選手とGKが交代。一人目はどちらも成功。二人目、宮一は決めたけど、明成のキックを宮一GKがセーブ。

そして、なんと、その後、宮一は全員が成功し、明成5人目が蹴ることのないまま、宮一が勝ち抜け。明成GKが本職ではないとはいえ、宮一の5人のキックはきれいにサイドに蹴っていた。
宮一 ○○○○○
明成 ○×○○

1-1でPK戦は4-3で宮一。ちょっと書き足りないんだけど、そこはまた別に書きます。

*第4試合 合同A(多分)(臙脂)vs聖和(白)
IMG_0133 (480x360).jpg
ナイターです。そして寒い。風もあって冷たい。そんな中で、合同Aは東北高校の近江先生が監督で、名将の指導を受けられるのは貴重ですね。「入りの5分な!」など近江監督らしいお言葉も。ユニは、宮城広瀬のもの。

合同は広瀬が多かったんだと思うけど、聖和が圧倒的に優勢。合同Aは9人だし、それも当然。なかには力のある選手もいて、ドリブルで持ち上がったりもしてたけど、やはりそこは聖和がしっかり抑える。東北の選手もセンスが身についてきてて、なかなかいいところもあるんだけど、前半は聖和の10ゴール。

後半もそれほど変わらないけど、メンバー交代もあってか、聖和の攻撃が停滞気味に。それでも結果を見れば後半も9点。

19-0。でもまー、広瀬も元々いいチームだし、見どころもあったと思います。

他の写真は
http://fblm.info/
に載せるので、適当に覗いてみてね。

おわり。
posted by pon at 12:09| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【女サ】新人戦 準々決勝(その1)

*第1試合 常盤木(白)vs合同B(多分)(赤)
IMG_0068 (480x360).jpg
合同Bは、ウルスラのユニで登場。終始、声を掛け合い、励まし合い、注意し合いと頑張ってはいるものの、差が大き過ぎて厳しい結果に。

ゴールキック時、蹴ろうとして、相手が動き出し、あーまずいと蹴るのをやめたシーンが何度かありましたけど、その相手が動いた瞬間に空いた選手に蹴り出すといった、もう一段階の工夫をしたいところですね。それと、ペナの角まできっちり持って行ってから蹴ってたけど、味方が空いてるとわかったら、その場に置いて蹴り出してもOKです。ペナエリア内ならどこでもいいので。多少遠くなりますけど、きっちり狙われる前に蹴った方がいいでしょう。

手元のメモに寄れば、40-0です。

*第2試合 東北生文(紫)vs仙台育英(黄・青)
IMG_0072 (480x360).jpg
どれぐらい差が詰まっているのかが興味深かったこの対戦。生文はまだメンバーも少なく強化が始まって2年ぐらいだと思うので、まだまだチームとしての力は足りないと思うのですけど、経験者がそろってますので、この試合でもいいところはありました。

いつもの速い攻撃の育英に対して、丹念につなごうとする生文。正面からのミドル一発で育英が先制。そして、右CKからヘッドでズドンの育英らしい攻撃。3点目は育英がボールを奪い、たくみなフェイントで次々に相手をかわしてゴール右に流し込むという、速さ強さだけじゃないぞとアピールするかのようなプレー。

前半3ゴール。

後半は、生文もパスがつながり、育英陣内に入るものの、決定的なチャンスまでは作れず、そこで撃てば!ということもあったけど、撃たずにもう一つタッチしてしまい、奪われる。

強豪相手なので、判断をもう少し早く、というプレーが多かった印象。ただ、もう少しなんだよなーとも思います。まだまだ期待大なので、次の機会を待ちたいと思います。育英、後半もらしいプレーで3点です。

6-0で育英。

続く
posted by pon at 11:38| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

【近況】衝撃のランキング

聖和のFacebookに情報が出たためか、スポーツカテゴリーで衝撃の53位にランクインしました。

ss-blog.seesaa.jp-2017-10-31-20-37-52.png

なんか大したもんだな。。まじで。

それと、今日は宮城県の新人戦だったわけですけども、聖和のゲームが終わったら国井先生が自ら近づいてきて、足がないなら乗ってって!と国井先生運転の車の助手席に座らせてもらい、最寄りの駅まで送っていただくというスぺシャル待遇を受けてしまいました。

しかもその間、ずーっとサッカーの話。これ、俺じゃなくて、誰かコーチ・監督を目指してる人に聞かせた方がいいよなーと、そのようにしか思えないわけで、なんかすいません(*_*;。。

話を聴いてて、研究者っぽかったんだけど、今も毎日2試合はなんかのゲームを観て新たに気づきを得るということらしく、これはオタクだな、と思いました。これは誉め言葉ですよ!現代ではオタクでなければ上に行けないのです。

これは、なんで俺は遠征で疲れたり酔っぱらったりしながらもキーボードを打ち続けてるのかみたいなものにもちょっと近い気がします。サイトを調整してる時なんか、なんか違うなんか違うといつまで経っても続けてたり。

聖和の男子なんて朝5時に来てドリブルしてるんだって。これもオタクってことだわな。

以上
posted by pon at 20:47| Comment(0) | 身近なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【近況】淡路島

淡路島から見た橋。
IMG_0062.JPG

橋を渡ってるとこ。
IMG_0063.JPG

淡路島は初。四国はまだ行ったことない。

おわり。
posted by pon at 02:48| Comment(0) | 身近なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

【女サ】皇后杯 聖和vs湯郷ベル 戦評2

そんな大雨、強風の中、キックオフ。すでに水が浮き始めてます。

ちなみに、ご招待を受けてる以上、しっかり見るべきところですが、メイン側の屋根のある一部エリアは人がいっぱいで、そこを出ると強風で傘が持ってかれるしで、隙間から観たり、そのエリアの左右を行ったり来たりしてり、写真も前の人の頭越しに撮ったりしたことを言い訳しておきます。だから、戦評といいつつかなり怪しい。

前半は聖和が風下。ゴールキックが上方に巻き上げられたうえに、押し戻されるというピッチ状態以上に最悪の状況。当然、フィジカルに勝る湯郷ベルに有利。

ですので、まず聖和は前に行くことがなかなかできず、とにかく、守る、弾くが精いっぱい。ただ、これは、意図してやったものでもあると思われ、そういう意味ではうまく凌いでいたのですけど、14分にベルが先制点を挙げます。

これは、まだボールが流れるか止まるかがはっきりしていない時間帯でもあって、後ろからの浮き球が出て、流れることを想定して後ろは前に出て、前は下がろうとしてた中で、バシャッとぴたりと落下地点に止まったんですよね。そこに相手FWが追いつき、空いた感じのゴールに蹴り込んだというものです。だから、偶然の産物と言えると思う。

その後もピンチは続くものの、バックパスが今度は想定以上にさっと流れて、危うくオウンゴールのシーンもありつつ、どうにか1失点で収めた。

今度は、風上。これなら逆転もできそうと、そういう期待があって。

実際、後半開始の早い時間の54分。関選手の浮き球パスが相手を経由した形でアタッキングゾーンの原選手に届き、相手を背負いながらも、うまく体を使いなっがら、走りこんできた野中選手に流して、野中選手がダイレクトシュート。

見事な形で同点にします。

で、この頃から、風が弱まったのか、単に力が強いのか、湯郷ベルGKのゴールキックが押し戻されずに普通に飛んでるんだよね。なーんか、嬉しくない感じになってきました。しかもピッチは最早、水田状態。

それを示すいい写真があります。
IMG_0045.JPG

さーみんな集って一緒にバシャバシャしましょう、としか見えない。

それもあるかどうかわかんないけど、このまま圧せるかと思ってたらそうでもなかった。

ファールで相手のFKとなり、ゴール前に向かって左で蹴ってやや戻る軌道のボールを、聖和OGの齊藤選手にヘッドで決められます。これが66分。

うーん、時間はまだあるものの、うまく行かないなーと思ってたら、さらに72分に失点。これもFKから。とにかくピッチ状態のせいにするのはどうかとも思うけど、足を取られてのファールかもしれないし、ほんと参った。

さすがに、これでは無理がある。でも、2点差になった後も、しっかり攻めの意識を持ち続け、あわやゴールのシーンも作れてて、これ客席からは完全に入ったように見えたので、盛り上がってましたけど、残念ながらゴールではなく、結果は変わらず。

1-3での敗戦となりました。

後半途中に、相手と聖和GK今村選手が交錯し、しばらく倒れてたりして、数年前の悪夢が蘇りましたが、ほどなく復帰してくれて安心しました。こういうとこで、とんでもない怪我をすると、何をしにこんなとこまで来たのか、踏んだり蹴ったりになっちゃう。

相手はこういう状況でもきちんと3ゴールで、そこは完敗ですけど、でも、こんな水田みたいなところでボールを蹴るなんて、いくらどんな天候でもやるのがサッカーだとはいえ、やってられませんよ。

これね。→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC

まったく別の競技だ。

仮に、こが日本代表のゲームだとしてもほんとに開催するのかなー、と思います。W杯の決勝だったらどうなんだろう?

その他の数字的には負けてますが、直接FKだけは聖和の方が多く取ってて(湯郷9で聖和14)、そこは聖和らしいと思います。

途中、外国籍選手が出てきたりして、それもいい経験になってるだろうし、そう思うしかないですが、せっかくなでしこ2部で、宮間がかつて在籍していたチームと対戦できるのだし、そうであればここまで応援に来るベルサポの方々も目が肥えてるだろうし、いいピッチ状態で聖和のフットボールを彼らにもお見せしたかったし、OGが2人いるということで、そういう目でも見てもらえるだろうし、ほんと台風は残念としかいいようがないですね。

日程調整の問題もあったり、人が集まってから延期とするのも大変だし、でも、できれば順延にして欲しかったところが、本音です。

ついでなので、動画でピッチ状態を確認できるものを載せておきます。ニッパツ横浜シーガルズのGKのピッチ内練習の模様です。


この後、このなでしこ2部シーガルズが地域代表のバニーズに敗れました。他でも、日ノ本が四学香川西に負けてましたね( https://www.shikoku-np.co.jp/sports/local/20171030000143 )。

# よく見てないとか言ってる割には、まともなことがかけてる気がする。

以上。
posted by pon at 23:52| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【女サ】皇后杯 聖和vs湯郷ベル 戦評1

# ワイン呑んでたら寝落ちしちゃいました。。

まーねー、仕方ないとは思う、台風だから。でもさー、あんな淡路島まで呼び出されて台風かよって正直思いますよね。

だってさー、アクセス案内で、高速バスとか載ってるけど、津名港バスターミナルから車で40分って、そんなのどうやって行くんじゃーってなるでしょ?
http://www1.sumoto.gr.jp/asupa/koutuu/index.html

ほんと聖和のチームバスに乗せてもらえなきゃ行けないって。

芝は奇麗だったし、各地域で開催するのも重要かもしれないけど遠くから見に来る観客のことも考えて欲しいものです。こんなんじゃ、湯郷の本拠地に呼ばれる方が全然いいから。

で、大雨だから。

試合開始前2時間あたりの映像。



試合終了後のピッチの様子。


もう水田。。

続く。。
posted by pon at 23:47| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【女サ】明日の新人戦

なんか、あんまり内側の関係をひけらかすのもどうかと思うんですけども、情報いただいたので公表します。ただ、それぞれの相手はわかりません。

それと、間違っていても責任は取れません。

その点、よろしくです。

明日10/31は松島フットボールセンター正面側、です。

第1試合:10時:常盤木

第2試合:12時:仙台育英

第3試合:14時:明成

第4試合:16時:聖和

残念なことですが、どのゲームも一方的になると予想されます。そういうのも見ておかないとなと思うので、全部見るかなって思ったりもしますけど、きついんだよねー。見てるだけでも。

以上。
posted by pon at 20:10| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【女サ】聖和学園さんからご招待いただきました!

私事ではありますけど、この度、聖和学園女子サッカー部さんからご招待を受け、淡路島まで遠征してきました。往復の飛行機、大阪でのホテル、さらには大阪淡路島間の往復でのチームバスへの同乗、さらにさらに、スタッフうの皆さんとの会食というか飲み会まで、怖いぐらいのいい思いをさせていただきました。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

でですね、これだけだと、単なる私信でしかないので、経緯とかそういうのを書いていきます。少なくとも聖和に興味のある人には面白いかもしれないし。

そもそもの発端から。

それは、選手権の東北大会準決勝の日でした。前々から聖和の佐々木先生とは交流があり、呑み話もあったんですけど、そもそもチームの仕事があるわけで、なかなか実現できなかったんですよ。

それが、その日、連絡をいただき、天童駅から15分ぐらいの居酒屋へ行ってみたところ、そこには佐々木先生に加え、国井総監督、そして、見知らぬ方。

見知らぬ方は、札幌大の准教授で、横島さんでした。専門はサッカーじゃないんだけど、留学中にそういったことも学ばれており、札幌大サッカー部の部長さんだそうで、そういったマネジメント系のことを学ぶというのか視察というのかいい言葉がわからないんですけど、聖和に来られたとのこと。

そこでは、いつから聖和を観てるとか、実は最初、聖和じゃなくて常盤木を見に行くように勧められて県サッカー場に行ったんですよね、みたいな話を国井先生にしたり、横島さんからは、Blogを本にするといいですよ、とアドバイスをもらったり。やはり女子サッカーはまだまだ歴史が浅いし、地域のことだとなおさらだから、記録として価値があるって言われた。

ただなー、そういうこともあって、たまにあるんですけど、最初の記事を見直してみるわけですよ。

するとですね、まず、ほとんとが新聞記事のコピペ。それと、利府まで自転車で1時間だの、サンバがいいだの、そんな程度で、あとは、経過のみ。

さらに、その得点経過が間違っていることに気づいて、今頃になって、訂正の文書をくっつけたりして、全然パスサッカーのことに触れてない。

そんなわけで、いったい、自分は何を見ていたのかってことがまーったくわからないんですよ、Blogでは。で、記憶に頼って考えれば、長いボールを使わず、一番後ろのGKがセーブしたボールを、すぐそこにいるDFに手で転がすところから、ずーっと細かくつないでいって、途中止められたて攻められて、奪い返したらまーた、細かくつなぐ。それをゴール前でもやっぱり続けて、いったい全体、何本つないだらシュートするのか?となるぐらいだった、となります。

でもなー、実際に見ていて経過すら間違えてるので、やっぱり怪しい気もしますね。

その時の記事↓。
http://pon12.seesaa.net/article/139530607.html

でも、その試合の後、天童のU-18東北大会や、年明けの埼玉でやったU-18本大会も見に行ってるので、要するに気に入ったんですね、聖和のフットボールが。

そうやって追いかけ続けて、12年ですか。上の記事の日が2005年ですから。

天童での選手権東北大会があり、一緒に呑ませていただき、その場には、さらにミズノ(聖和のユニのサプライヤー)の方、ライターの大森さんと、すごいメンバー勢ぞろい。

ミズノさんは、スペインでサルをやってたことがあったり、今は、マーヤとかオカちゃんにスパイクを持ってって、どうすか?って意見聞いたりしてる。大森さんは、女子サッカー界ではなくてはならない有名人。

無名なのはponさんだけっていう中ですが、面白おかしく過ごしました。

あ、それと、国井先生は今度ミズノのサッカーのアンバサダーに就任されるそうです。実績を上げて名前のある人は何かしらほっとかれないわけですね、さすがです。ミズノも目の付け所がいいですしね。

長いなー。なんの話が主かというと「聖和さんありがとう」なはずなんだけど。。

その中で、聖和の皇后杯が淡路島で、遠いし観戦に行くつもりもなかったところに、是非来て観戦してください、というオファーをいただいたんですよ。

なんかこう、これってお金をだしていただくことになるので、相手は高校のサッカー部なわけですし、いいのかなーとも思いましたが、皇后杯の湯郷ベル戦を観戦できるし、これまで追っかけてBlogやサイトを書いてきたことに、ご褒美をいただいたと考えて、行かせてもらうことにしました。

というわけで、ここからが漸く、淡路島遠征の話になるんです。ただ、観戦記事はまた別にします。あまりにも雑多になっちゃうから。。

まず、チームはいつもの愛子観光バスさんで長々と移動するのですが、ponさんだけ飛行機です。初のpeachエアー。飛行機ってたまにしか乗らないと、最初、どうしてもびびるんだよね。離陸して、しばらくは揺れるし、途中もそこそこ揺れるし、台風が近づいてたので、大阪に近づいたら揺れますとかアナウンスあるし。

でも、意外にそこまでじゃなくて、ほどなく関空へ着陸。
DSC_0927 (270x360).jpg

その日は、夕方までは特に何もないので、大阪観光です。といっても、雨だし、大阪に興味ないし、京都にいるかもしれない知人にメールしたらアドレス変わってるし、ショートメールにしてみたら、番号も違ってて届かないし、で、結局、道頓堀の辺りを歩いただけ。
DSC_0933 (270x360).jpg

すんごいアジアの人達が多いんだよねー、なんか。

長いなー。。

いくつか写真撮ったから載せておきます。

かに道楽。
DSC_0935 (270x360).jpg

大阪王将。。
DSC_0936 (270x360).jpg

道頓堀観光船。。。
DSC_0937 (270x360).jpg

グリコ。。。。
DSC_0938 (270x360).jpg

法善寺横丁。。。。。
DSC_0942 (270x360).jpg

面白いですか?だんだん、不安になってきたな。ま、軽い読み物として捉えていただければ、と。

そして、すっかり人ごみに疲れてしまいましたとさ。雨だし荷物もあるしどこの店も混んでて人が並んでるしどの店も狭目だし、たこ焼き、お好み焼き、串揚げ等々があるというのに、何も食べないまま、宿の最寄りの駅へ。そこのSubwayでランチにしました。店員さんたちがいわゆる標準語対応だったので、全然大阪っぽくない。

ホテル着。
DSC_0945 (270x360).jpg

この聖和御一行様の中にponさんも入っていたのでした。そりゃ、そうか。

しばらくごろごろして、電話をいただき、18時20分にロビーに降りようとエレベーターで降りていくと3階で止まり、乗ってきたのが国井先生。あ、どうも、とか挨拶して、しばしロビーで待つと、やってきたのは、まず、京都精華の監督で、バニーズ京都のGMでもあらせられる越智先生

続けて現れたのは、まさにその聖和の曽山監督!!。

そして、いつもの佐々木先生。佐々木先生は聖和のコーチですけど、マネジメント全般の方ですね。

この5人での呑み会となりました。なんと、みんなサッカーの指導者。ponさんだけ、別の人。

そいうわけで、その日、聖和は京都精華と練習試合をしていたらしく、その辺からの、あれはどうなんだとか、どういう指導をしてるのか、いや何も言ってはいないとか、そういったコーチング論が展開されるんですけど、ま、その辺はただ聞いてるだけでしたが、面白いですねー。こういう場にいることがないしな。

酒も進み、聖和のサッカーはいい、っていう流れになってからは、一緒にあれこれ喋った感じですけど、佐々木先生に明日の見どころは?などと振られてどっひゃーとかなりましたが、酔っぱらってもいたし、「この前の決勝みたいに相手をゴール前に張り付かせてパスを回してゴールっていうシーンが見られれば満足です」とかそういうことを言いましたね。

あれって、まさに、最初に観た2005年の試合だったんですよ(おー、ここでつながったぞ!!)。あれも、回して回してっていうのをやってて、去年も常盤木に勝つことはあったけど、1-0とかだったのに、今年は2点、3点と取れるようになってるし、12年の一回りを経て、また聖和のフットボールが最盛期に近づいてる気がしてて、曽山監督にもそんなことを言ったような言ってないような、ちょっとそこは覚えてませんけど。。

最後の方は記憶があいまいで覚えてません。すいません。録音しておけばいいのかも。。

そして、翌朝。7時前に出発です。聖和のチームバスに同乗させていただきました。席はなんと国井先生の隣。ま、2回も呑んでるし、優しい方なんで、特に緊張もせず、バルサのビデオ、聖和のビデオを見ながら、サッカー談義です。

だいたいは、国井先生から解説を受けながら、こういうのはどうなんですか?とか間抜けな質問に答えていただき、聖和じゃクロス入れてドンって頭で合わせる練習はしないとか、そういう話が聞けて、やっぱそうかーみたいな。あと、曽山監督が就任されてからぱっと見でも守備がよくなったんですけど、国井先生の時は、守備なんか興味なかったから練習しなかったとか、やっぱそーかーって、そんな感じ。

あと、バルサを見るのは、他に参考にできるチームが皆無だからっていうのも、なるほどですねー、と思いました。

そうそう、愛子観光バスさんの運転が丁寧で良かったですね。いわゆる高速バスと、観光バスの違いというだけかもしれませんが、高速バスだと、結構粗い感じもあったりして、やや不安になったりもするんですけど、今回のチ−ムバスでは、先頭座席でしたけども、不安を感じるようなことも皆無で、しかも時間通りの運行でした。

到着後、国井先生がピッチ状態を確認してらしたので、僕もちゃっかり付いていって、まー僕は中には入りませんでしたが、端っこの芝を手で触ってみて、あれ?意外に大丈夫そうですねと言ってみたところ、まー、2時間後がどうかだから、ということで、またまたなるほどですねー、と。

試合は、別途。

終了後、国井先生は、知人の方の車で移動ということで、チームバスは、2人席に一人となり、負けたからなのか雨で大変だったからなのか、うすぼんやりして過ごしてましたけど、チームのおにぎりを2ついただき、飛行機飛ぶのかなーとかも考えていなかったので、佐々木先生に調べてもらい、何ならこのまま仙台行きますか?というこれまた面白そうなお話もいただいたんですけど、チームと一晩を過ごすというのもレアですけども、多少揺れても、さくっと移動したかったり、飛ばなきゃ飛ばないでいい体験になるか、とか、ま、また国井先生の隣に座ってしまうと、狭くなって迷惑かなとかもあり、出てない選手の練習をするという大商学園さんで、チームを離れました。

最後、国井先生は、両手で僕の手を握ってくださって、感激なんですけど、じゃって感じで片手をあげてくれたのに釣られて、僕も片手をあげてしまい、なんか生意気になっちゃいましたが、またよろしくお願いします。

そして、さらに最後ですが、大商学園の先生に車で送っていただき、同乗していた佐々木先生に、ではまたと挨拶し、どこだかもう覚えてない阪急の駅から関空へ向かったのでした。

どうでもいい話だけど、もう少し。

とりあえず、梅田に出たのね。そっからリムジンが出てるはずと思ってたから。でも、なんか遅れてるとかでやたら並んでる人もいたし、不安だったので、JRの駅へ。関空までの快速があったので、乗ったんだけど、なかなか着かないわけです。

到着が18時46分。

でも、それって第一ターミナルで、Peachは第二ターミナルなんですよ。第一ターミナルはとにかくでかいし、あっちこっちと案内板があって、お俺はこれからどうしたらいいんだ?ってなりました。しばし迷って、第2ターミナルの方向がわかって、進んでいくと、シャトルバス乗り場なんだけど、暗かったせいもあって、そこでも迷い、ようやく乗車。

第2ターミナル着が18時06分。離陸まで30分を切ってます。

通常なら、ま大丈夫でしょ?なんですけど、LCCだからさー、予約票には30分前にチャックインをしないと乗車できないよとか出てるから、かなり焦りながらチェックイン。無事通過。

保安検査も3人ぐらい並んでたけど、通過。

もう離陸15分前ぐらいになってるので、急いで、搭乗口へ。これがまた微妙に遠い。

でも、搭乗口に来たら、調整中になっててまだ搭乗が始まってなくて。

結局、全然余裕でした。慌てて損した。15分ぐらい遅れて離陸。

そこそこ揺れた。で、気分悪くなった女性がシートベルトを外して化粧室に向かおうとしてCAさんに止められてたり、着陸後、通路をカートを引いて歩いてた女性が、あ、とか叫んでひっくり返ってたり(大丈夫みたいでしたけど。躓いたのかな。。)、いろいろだなー、と思いましたよ。

そういうわけで、この稿を終わります。

聖和のみなさんありがとうございました。今後も、また見に行ってネットに文章を書くので(しかも文句みたいなのも書いてきたけど)、よろしくお願いします。

ここまで長く続いた趣味もないしねー。って、ただの趣味かよ!、ってなるな。

おわり。
posted by pon at 16:43| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【近況】なーんかふぬけてるなー

昨日の今頃は雨の中、淡路島から大阪に向かってる頃だもんなぁ。。

おわり。
posted by pon at 14:23| Comment(0) | 身近なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

【男サ】聖和敗れました

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?229559-229559-fl

勝った東北より先に聖和の名前が記事のタイトルに出てくるんだから大したもんだけど、やっぱりPK戦はなーって思う。しかし、1人しか決められなかったとなると、それは勝ち上がるのは厳しいな。

おわり
posted by pon at 23:31| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【女サ】やっぱおかしい

あー、その前に無事、仙台に戻ってきました。豪雨で強風でろくなツイートもできず、さっぱりお役に立てませんでしたね。

で、あれこれ書くべきことも多いんですが、それは明日にして、取り急ぎ、やっぱおかしいよ、なんだかさーっていう話題。

聖和が淡路島で台風の中ゲームをしたんですけど、もしかして1日順延かもっていう話題になってた時、そうなったら、新人戦は淡路島から仙台に戻ってそのまま行かなきゃいけないって言ってたのね。

つまり、火曜日には試合があるんだよ。まー、また平日開催だし、帰ったらMFAのサイトで日程確認すればいっか、って思ってたので、なんとなく流してたんだけど。

でもさー、協会のサイトに何も出てないでしょ?おかしくない?高体連のサイトでも出てないし。

ぜーったいおかしい。何かがおかしい。

# ちなみにさかせんさんのサイトでもまだ出てない。協会サイトでは県選手権の結果も出てないでしょ?

# 新たな気づき。聖和の試合がある、すなわち予選リーグはすでに終わっている、ということになります。

おわり。
posted by pon at 23:27| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

DSC_0954.JPG
なんだ?鹿でも飼ってんのか?
posted by pon at 09:32| Comment(0) | 身近なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

DSC_0953.JPG
ベルのバスこっちだな。さっきの後で削除。隣は愛子観光さん。
posted by pon at 09:26| Comment(0) | 身近なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする