このBlogに価値ありとお思いの読者の方は、Amazonでお買い物の際に左のバナーから商品検索してからご購入いただければ幸いです。

2018年03月07日

【社会】リテラもなんなんだか

反体制はいいんだけどね。
http://lite-ra.com/2018/03/post-3848.html

ここでもちょくちょく、これ読めって取り上げてるけど、こういうところもあるので、大事なのはぜ〜んぶ疑いの目を持ってほんとかどうか自分で判断するっていう姿勢だから。

上のリンク記事はカー娘が日本から盗んだ韓国のいちごをうまいうまいと食べてたのを日本が避難するのは間違ってるっていう主張。

でもさー、盗んだでしょ?
現在、韓国で主に栽培されているイチゴ品種「雪香(ソルヒャン)」は、日本の農家が品種改良によって生み出した「レッドパール」と「章姫」を韓国内で品種改良した韓国オリジナルの新品種だ。

言っておくが、たしかに約20年前、レッドパールなどの国産イチゴ品種が韓国に流出し、韓国内で大量に栽培され、流通したことは事実だ。それらの生産に関し、日本の農家にロイヤリティが支払われていないなどのトラブルも報じられてきた。しかし、だからと言って、日本の品種を元に改良された韓国産イチゴ品種をあげつらって「泥棒国家」呼ばわりするのは筋違いも甚だしいだろう。


盗んでんじゃん!!。

特許Aと特許Bをただで手に入れて新技術Cを作りました。盗んでんじゃん!!。

こっちも似てるな。
http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=8454

ponさん、お金を払ってこのサイトを見てるんだけど力士が「出馬」ってなによ?ってなる。出場じゃないかなー。他にも相撲的言い方があるかもだけど、馬じゃねーし。

おわり。
posted by pon at 18:22| Comment(0) | PC/ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【プログラミング】基本的な構造と作業

プログラム、というものは、だいたいどんなものでもそうですけど、大体は同じような構造にできています。


この構造というのは、何かというと、ソースを書いて、コンパイルして、実行するという流れのことです。その辺を説明します。


まず、ソースですけど。ソースというのはソースコードとも言います。例えば、



#include

int main(void) {
    printf("Hello World!\n");
    return 0;
}


みたいなの。これって、意味わかんなくても、なんとなく英語だなってわかるでしょ?


これがソースコード、の例。


これってコンピューターは理解できません。というより、理解はしても(そのまま音声で読ませるとかはできても)、実行はできません。実行させるには、別の書き方、というか言い方、というか命令の仕方、があるわけです。


それは例えばこんなの。


obj.png

これだとあんまりなので、もうちょっと別のも。


ob2.png

よく見ると、読める箇所がどっちにもある。「run in DOS mode」ってあるとこ。同じプログラムをちょっと見方を変えてるだけ。


後の方は、左と右に別れてて、右が先の絵とおんなじ(違うけど、気にしない。だいたい同じってことで。)。左はバイナリーっていうものを見てる。これは2進数を16進数で示したもの。これがプログラムというもので、これが実行されるもので、動くものってことになる。実行コード、オブジェクトコードとか言うかな。


これには、コンパイルという作業が間に入ります。


ソースコードを書く。



コンパイラーを動かしてコンパイルする。



実行コードが作られる。



実行する。


コンパイルというのは翻訳するということです。人間のわかる言葉を、コンピュータの解る言葉に変換するわけです。


posted by pon at 17:49| Comment(0) | PC/ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【プログラミング】プログラムの前に、ニンゲンのこと

プログラミングの前に入力と出力について理解しておきましょう。


ニンゲンの場合。何かがそこにあって、それを見ます。見た結果、なんか面白いなと思って手を出してそれを拾います。


そういうことがあるとしたら、目から入力されて、手の動きとして出力されたことになります。


入力、出力の主語は、脳です。


目から光の信号が脳にインプットされ、これは手で拾ってよく見てみよう、と脳が判断し、手に拾えという信号をアウトプットしたことになります。


目を入力器官、手を出力器官と言ってもいいですね。


ちなみに、人に何かを言われて、気持ちが動揺し、目がキョドったとします。その場合の目は出力器官ですね。


コンピューターも同じです。


コンピューターの場合は、CPUというものがニンゲンの脳にあたります。CPUに対して入力し、CPU、から出力されます。


キーボードで文字を入力し、画面に結果が表示されます。キーボードが入力装置、画面が出力装置です。


入力としては、マウスもそうだし、スマホのようなタッチスクリーン型であれは、画面も入力装置です。出力は、画面以外にも、スピーカーや、スマホの本体がぶるぶる震えるというのもあります。プリンターに印刷するのも出力、さらにハードディスクに保存するというのも出力になります。


さてさて。「コンピューターにあなたの名前を入力してください。」と言われると、コンピューターに取っては入力ですけど、ニンゲンにとっては出力ですよね。


誰か。「コンピューターにあなたの名前を入力してください。」



あなた。耳で聴いた内容を脳に渡して理解する。[入力]



あなたの脳。「キーボードで名前を打ち込みなさいな。」[判断]



あなた。キーボードを指で叩いて、あなたの名前を打ち込む。[出力]



コンピューター。キーボードで打ち込まれたあなたの名前をCPUに取り込む。[入力]



CPU。はー、こういう名前なのか。「じゃ、挨拶してやれ。」[判断]



コンピューター。画面に「こんにちは、○○さん」と表示する。[出力]


だから、「コンピューターに入力せよ。」っていうことに対する処理は、あなたにとっては出力、コンピューターにとって入力となります。コンピューターを利用する際の入力と出力は、コンピューターから見た場合の動作になっています。

posted by pon at 13:47| Comment(0) | PC/ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【IT】Google Classroomって

面白いかも。

gcr.png

おわり。
posted by pon at 12:52| Comment(0) | PC/ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【IT】プログラミングの話を書きたいと思ってたんだよねー、素人向けの

プログラミングがこの先大切なものになるのかどうかよくわかんないんだけど。AIが全部やってくれるかもしれないし。でも、論理を考えて、考える力を伸ばすにはいいものだし。ほんとはどっかで講座みたいにできればいいんだけどね。

素人向けっていうのは子供向けでもあるけど、子供相手の説明としていいかどうかはわからない。子供に教えたい大人が読むのがいいような気がするけど。

というわけで、乞うご期待。

おわり。
posted by pon at 10:56| Comment(0) | PC/ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

【IT】ひとまずここまでにする

fblm.infoの件。
http://fblm.info

初期表示ですぐにデータを取りに行くようになったと思うので、とりあえずOKとします。なんか、見出しの文字が小さかったりするのが気になるんですけど、これはChrome上の話で、やっぱりFirefoxだと見え方が違ってきてて、別に気にならないぐらいになる。

というわけで、おしまい。

なんか気づいたことがあればお知らせ下さい。

おわり。
posted by pon at 12:11| Comment(0) | PC/ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする