このBlogに価値ありとお思いの読者の方は、Amazonでお買い物の際に左のバナーから商品検索してからご購入いただければ幸いです。

2020年01月25日

【女サ】県協会について

先日、だんまや水産でS先生に、最近の協会の運営はどうか?と聞かれて、あんまりすぐにこれっていうのはなかったんですけど、思いついたことをちょこっと話してはいたんですよね。なかなか急に振られて、あれこれ語れるような人間ではなくて、日頃は考えてないことだったりするとどうしようもなくて。

当然ながら、それほど問題があると思ってないからこそ、話題にしたいこともないということで、概ね問題はないわけです。一昨年だったかに、大会情報が事前に出されないために、いつの間にか大会が始まっていたとか、そういう問題もありましたが(※)、今は改善されているし、良くなっているところも多々あります。

(※)僕は、だめならだめでいいやっていうテキトーなところも多々あって、どうでも良かったりもしたんですが、ライターの大森さんが困っていたり、選手の親じゃなくて親戚の人が、大会スケジュールがわからなくて困っているという話も聞いたりして、さすがにこの時はS先生に直メッセージしましたねー。

だんまやで話したのは、バスケの試合で審判が講評を書いてるのを見たことがあって面白いですよ、っていうことでした。具体的にどうなんだったか記憶が曖昧だったので確認しました。

中学の東北大会です。女川中学が全国大会に進むほど強かった時(今は微妙なところですか?..)に見たのでした。当時は審判が書いたと思ってましたが、本当にそうだったか確認してませんが、今は審判ではなく別の戦評担当が書いてますね。

そのサイトは↓、
http://akita.japanbasketball.jp/2017-tohoku-jjs-result.html
ですが、適当なリンクを踏めば、結果と選評が出てきます。

例えば、これ↓。
http://akita.japanbasketball.jp/img/2017tohoku-jhs-box-09wd5.pdf

戦況が詳しくわかります。見てない人も、この戦評で概要が把握できて楽しめるし、観戦した人も自分の見方との違いや、記憶の確認に役立ちます。こういう文章を試合ごとに書くのも大変な作業ですが、これをそのままやればいいのにというわけでもないんですよね。

あくまでも、中の人が何かを発信する内容に興味がある、ということです。メディアに書いてもらえればそれが一番いいのかもしれませんが、取り上げられないようなことでも、自分たちがWebサイトというメディアを保有しているわけですからどうにでもなります。

動きとしてはそういうことも始まっていて、いい例として、国体チームの一連の記事がありました↓。
https://www.miyagi-fa.com/news/schedule/2019/10-02-9432/

写真も豊富で、まず見ることのできない宿舎でのミーティングの様子も出てますし、選手たちの声も掲載されています。こういう情報があれが何かの役に立つのか、と問われると明確にはわかりませんが、自分が読んで面白いと思うのだから、他の人も面白いんじゃないでしょうか。合同チームのキャプテン(多分ウルスラ)は、試合後の挨拶で、ゲームの振り返りと次戦への豊富をきちんと話しているのですが、記録してそのままBlogやサイトに載せたいぐらいです。いつかのインターハイの時だったか、各校のキャプテンを集めて写真を掲載したのも良かったですけど(※)、それはその時だけだったでしょうか。

(※)これですね↓。
https://www.miyagi-fa.com/news/women/women-news/2018/05-27-3406/

ちょっと、話をずらしまして、RSSフィードというものがあるんですね。新着情報といえばそうなんですが、いちいち興味のあるすべてのWebサイトを自分で回遊するのは大変です。だから、Google等で好みのサイトを見つけたら、そのRSSフィードを、RSSリーダーというアプリケーションに登録して、そのRSSリーダーを見れば、全サイトの新着情報が載ってますよ、っていう仕組みになっています。

このRSSフィード、県協会のM-Fieldにもちゃんとあって、女子については↓、
https://www.miyagi-fa.com/news/women/women-news/feed/

が、そうです。

こういういいものがありつつ、まったく周知してないのが意味不明だと、そう思ってました。Webサイトを作る時に、わざわざそういう仕様を盛り込んだのではないのかなー、となると意味不明になってしまいますが、あるいは、記事を投稿するための仕組み(コンテツマネジメントシステムといいます)にデフォルト機能としてあるだけで、利用する気もなかったのかもしれません。

と、書いた一方で、世間はどんなものかググってみたところ、今となっては全然一般的ではないんですね、RSSって。サイトには実装サれている場合が多いですが、RSSリーダーというものがどんどん落ち込んでいて、どんどん使われなくなっているようです。となると、今の時代、やはりSNSなんでしょう。

Twitterなり、Facebookなりで、都度、情報を発信し、欲しい人はフォローしてね♪っていうことをやるべきなんでしょうね、県協会も。

だからといって、女子も男子も子供も大人も一緒くたにされると選別が面倒なので、アカウントを分けるのか、ハッシュタグで区別するのかという問題もありそうですが、それはまた別のことです。ちなみにBlogサービスだと、記事投稿と同時にTwitterに通知ツイートをさせる機能がありますので、Webシステムにそういった機能を付ければ、取り立てて労力が増えることもないでしょう。

さて、本筋に戻して。。

記事を書いて出すっていうのは、なかなか大変です。読むのは数分でも書くのは数時間だったり。じゃどうする?ってなりますけど、例えば、各校の新聞部(こういうものがあるのかどうか知りませんが..)から人を出してもらうとか(※)、出場チームから何人か出してもらって書いてもらうとか、その程度でいいと思うんです。

(※)会場のアナウンスも放送部(そういうものがあるのかどうか知りませんが..)の子を呼んできたほうがいいのではないかと思います。スピーカーの音割れ・雑音、音の小ささ、発音の悪さ、名前が読めずつっかかるとか、サッカー選手ですから、そうそううまくできません。

チーム内なら、監督、出場選手から話を聞き出すのも赤の他人より容易だし、話す方もリラックスして対応できます。新聞部員を登用するとなれば、日当ぐらいは出さなければいけないかもしれませんが、JFAやFIFAも女子にお金を出すという流れなんだし(※)、どこかから取ってこれないこともないのでは?と思います。

(※)要するに、男子はこれ以上拡大を見込めないので、あとは女子だなということだろうと思うんですが、ビジネスということではあっても、利用できるものは利用したいものです。

こんなところですが、サイト自体について少し書いておきます↓。
https://www.miyagi-fa.com/results/women/

まず、年間スケジュールの絵があるのですが(4〜6月に高校総体、とか)、この中のリーグ戦というのが何を指していて今どうなっているのかまるでわかりません。何の情報も出てないと思います。

次に、先に話題に出した新着情報ですが、2つに分かれていて、「大会概要・星取表・トーナメント表」、そして、「お知らせ・試合速報」です。「お知らせ・試合速報」はいいんですが、「大会概要・星取表・トーナメント表」は最後の更新が、「2019.05.09」。その前が「2018.10.19」ですから、ほとんど活用されていません。新着情報として一本化したらどうかと思います。

他にも言い出せばキリがないです。磐田時代の選手権を見に行ったら、前日のゲームの公式記録(メンバー、スタッツ、交代、得点経過のやつです)を配ってたり、埼玉のU-18の大会に行ったときは、観戦するチームのメンバー表(登録メンバーではなく、その日の試合の先発と控えです)を配ってたり(※)、過去の試合のすべての結果を大昔からまとめて公開しておいたらいいのに、とか。紙は残っているだろうから、スキャンしてネットに上げて、そうしたら誰かがデータ化してくれるかもしれません。そうしたら、こことここの過去の対戦は何勝何敗とか、5年毎の推移とかさくっと見られて面白いかも。。

(※)どちらも全国大会のことですが、宮城開催のインターハイではどうだったんでしょう?知らずに書いててすいませんm(_ _)m。

以上のように、思いつくものをまとめてみました。何らかの参考にでもなれば幸いですが、書きたいから書いているだけなので、多少なりにも面白いと思っていただければ、それで十分です。

以上
posted by pon at 10:49| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

【女サ】東北新人戦最終日

3位決定戦は、明桜 2-0 ふたば未来。

前半は強風といっていい風の強さで、それがあっちのゴールからこっちのゴールに吹いていた。あっちがふたば未来。で、なんか寒くて適当に風を避けながらふらふらしてたら、いつのまにか風下の明桜がたたたんと2ゴールをあげたらしく、そこをちょうど見てなかったので、試合終了時点ではスコアレスで引き分けだと思ってました。そしえ、間違いツイートをしてしまい、すいませんでした。それは、その後削除しました。

というわけで、明桜が3位。ふたばは4位。

決勝は、やはり強風の中、聖和が終始守備も攻撃もアグレッシブに動き回り、前半3点、後半4点。7-0で優勝しました。なんか、強かったよ聖和。ちょっと怖いぐらい。こんなところで躓いてる暇ないからさー的な空気感がある(ような気がする)。

3点目は昨日の試合に引き続き、逆サイドへの強烈で正確なシュートだったし、後半のこぼれ球をGKの上を豪快に蹴り抜いたシュートもすごかった。やってることは確かに聖和っぽいんだけど、全国で勝たなきゃなんにもならないっていう危機感なのかな、と。

少し緩くしてみることもあっていいとは思います、個人的には。試合はそれでもいいんだけど、休息はきちんと取ること、なんか調子悪いなーってなったら休むことも大切です。
http://tohoku-fa.jp/score/2019/hs_rookie_women_2019/

優勝 聖和
準優勝 専大北上

北上は#11が良かった。小柄だけど、小柄だけにきびきび動けていて、かつ奪われない。強い相手と対戦するときは奪われないっていうのはかなり大事。ちょっとでもトラップが流れる、大きくなる、出しどころを探してしまう、そうなるとすぐに詰められる。DFを背負ってでも奪われないっていうだけでいいプレーヤーだなって思います。去年の#10とは違ったタイプだけど、いい見本がそこにいるわけなので、なんでそれができるのかきちんと考えるといいと思います。

以上。
posted by pon at 18:06| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【サ】練習中のヘディング禁止へ

スコットランドの話。
https://www.bbc.com/japanese/51172434

練習中はダメだけど、試合はいいってこと?

おわり。
posted by pon at 17:35| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

【女サ】東北新人戦準決勝 聖和☓明桜

昨日は17-0で大勝した聖和ですが、今日はなんとなくですが、今ひとつな出だし。相手は明桜。たいていのチームは、新1年生が入るまでぎりぎりといっていい部員数で、フル登録してるのは聖和だけ。専大北上が1人少ない24人。明桜はぴったり11人です。

で、押し込みはしてて、失点のピンチはゼロと言っていいぐらいだけど、なかなかゴールはできず。シュートにいくのはいいんだけど、枠を外すのが3つほど。ロストしても、ざっと奪い返しにいけてるのはいいんだけど、連携が今ひとつなような。でも、ゴール裏観戦であっち側でやってたのでほとんど細かいことはわからない状況だったので、たまたまそう見えただけかも。

後半はこっち側で攻めまくってて、崩しもシュートもさすがの出来。シュートは、しっかり逆サイドネットへきっちり蹴り込んでたりして、いいねーって思ってみてました。ドリブルの仕掛けもスピーディで、仕掛けるときのパス回しも速かった。ゆるいときはゆるいんだけどね。

後半は5ゴールだし、明らかに枠を外したシュートはなかったと思う。ポストに弾かれたのが1本、ちょっと外にはずれたのが1本とかそんな感じ。

結果、7-0でした。ふんわりとした印象だけど、いつになく力強さがある気がするなぁ。
IMG_9619.JPG

もう一方の専大北上とふたば未来は6-0で北上が勝利した模様。

準決勝が終わって、午後は昨日の敗者チーム同士のゲームが有ったんですが、青森県代表はちょっとつらい状態になってました。青森予選では合同チームが優勝し、2位と3位が出てきてる。それに千葉学園は出場すらしてない。両チームとも入学前の経験者は数人なので、宮城で言えば一女、広瀬と変わらないもんね。

3年が抜けたあとの部員数を見ても、東北はかならい厳しい状況ですし、無理やり東京リーグとか入れてもらわないと強化に支障が出そうな気もしますね。ま、そのへんは別の手段でやってると思いますが。。

来年夏に女子のプロリーグ発足とかいう話ではありますが、地方はどんどん置いてかれるのか、そうでもないのか、どうなることやらです。

では。
posted by pon at 17:43| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

【女サ】東北新人戦初日

http://tohoku-fa.jp/score/2019/hs_rookie_women_2019/

今日は午前中所用があり、午後から行ってもなーということで、観戦してません。明日、明後日は観戦します。

聖和は八戸工大二高相手に17-0で圧勝してまして、こういう試合を見るとゴール数をカウントすることだけに気を取られてしまって何しに行ってんだかわかんなくなるんですけど、見てないからどうでもいいですね、はい。

他の試合。
明桜 2-0 鶴岡東
鶴岡東、出てきそうで出てこれないっていう印象。山形で優勝するところまで来たけども東北ではまだかなー。

ふたば未来 1-0 青森南
なかなかパッとしない青森勢ですけど、スコア的には惜しかったですね、内容がわからないのであれですけど。

専大北上 2-1 尚志
尚志も、もう少しかな。。さすがに専大北上を破るのは簡単じゃないだろうと思います。

で、結果的に、目新しいとこは勝ち残ってないですね。明日、聖和は、明桜と。もう一つは、ふたば未来と専大北上。専大北上とはしょっちゅう対戦してる気もするし、高校総体で苦労させられたふたば未来が勝ち上がって来る方が嬉しいかなー、個人的には。

以上。
posted by pon at 16:35| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

【サ】体たらくなチームってなんだよ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200113-00068750-sdigestw-socc

再三に渡ってクロスを入れ、値千金のミドルシュートを突き刺した。体たらくのチームにあって、唯一気を吐いていた。

言葉っていうのは変わっていくもんだけどさー、人様の批判をする文章なんだし、ちゃんと勉強してから書いてほしいよなー。

このサイトが正しいと言えるのかどうかもわかんないけど、ponさん的には正しいと思う。
https://biz.trans-suite.jp/14300

(少なくとも今は)体たらくっていうのは、ネガティブな意味でしか使わないので、わからないわけでもないけど、上記サイトでも誤用として説明されてます。

「だらしない人」や「情けない人」のことを言い表したい場合に、「体たらくな人」といったような使い方をすることは誤りです。だらしない状態や情けないありさまについて、「だらしない体たらく」「情けない体たらく」と言い表すことができます。

しかし、「体たらく」という言葉そのものに「だらしない」「情けない」という意味はありません。したがって、「だらしない人」や「情けない人」の同義語として「体たらくな人」という使い方をすると誤りです。


タジマとかモリヤスとかはだめなのかもしれないけど、お前もだめだろー。

あとさー。モリヤスって広島じゃやれてたんでしょ?知らないけど。それが代表じゃだめだっていうのは理由があると思うのでそこをはっきりさせたないといけない気がするけどねー。代表はプレッシャーが大きくてそれに耐えられない、っていうのなら交代するしかないだろうし。

おわり。
posted by pon at 18:38| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする