←Amazonでお買い物♪

2020年11月30日

【女サ】皇后杯1回戦 聖和 vs アンクラス 感想

石巻ということもあって、メインスタンドAはだいぶ混み合って密になってました。

アンクラスがどういうチームか知らなかったんですけど、大人のチームとしてはやっぱりフィジカルが強くて、そこに苦戦するだろうと思ってました。

が、始まってみると、意外にも細かくつないできたり、トリッキーなプレーも魅せてくれたり。これは面白いゲームになるかも、と思ったわけでした。

前半はお互いにやりあって、聖和としては悪くない出来だったけど、いいとも言えなくて、崩し切ってのシュートはなく、力を入れ過ぎてぼてぼてだったり、遠目からの無理目のシュートだったり。アンクラスもいろいろ崩そうとしてはいたけど、簡単には行かず。どっちもいいところを出し切れない。

後半になると、アンクラスは業を煮やしたのか縦に早いサッカーにチェンジ。聖和はそれでも耐えて、弾き、止める。でも、そこからつないでも、どうしても相手を崩せず、どうもいやーな状況に。

相手が早いし前も安定しないので、どうしてもラインを下げてしまい、それがまた、全体の間延びにつながり、縦に出しても前線が機能しない。縦が狭ければ、奪われても次々にプレスをかけて奪い返す、ということが全くできなくなり、機能不全としかいいようのな自体に陥った。

それでも凌ぎ続けて、アディショナルが2分。

その瞬間、なにやらぽっかり空いた空白の時間というのか、ただショックが大きくてそういう記憶が作られたのか。縦にボールを運ぶアンクラスの選手。聖和DF陣は、相手のトップの動きを警戒しつつずるずると下がるのみ。時間はもうない。ボール保持者は障害のないまま、ペナルティエリアに近づく。そして、ここで思い切り蹴り込んできた。

そのシュートが、強くきれいにGKを越え、聖和ゴールに突き刺さったのでした。呆然とする聖和イレブン。。

再帰したもののすぐにタイムアップ。公式記録では90+2分のゴール。

聖和 0-1 アンクラス。
posted by pon at 14:45| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。