←Amazonでお買い物♪

2020年11月30日

【女サ】皇后杯1回戦 作陽 vs リラ・コンサドーレ 感想

前日の強風も止み、でも緩やかにゴールからゴールへ風が吹くコンディション。JFAの旗は普通になびいているので、上空はそれなりに強く吹いてると思われました。

リラ・コンサドーレは、第1代表のチームが辞退したための急遽参戦となり、準備も大変だったろうし、やはりやや力は落ちるのでしょう。

ゲームは、作陽が最初から圧していく展開。リラ・コンサドーレは後ろからつないでいくスタイルで、押し込まれても変えないため、GKから近くのDFに渡すのを狙って、狙われてもやはりスタイルを崩さない。

時折、カウンター風になるけど、作陽DF陣がしっかり止めて、リラ・コンサドーレはほとんど攻められない。一方の作陽は攻めているけど、なかなかゴールを割れない。リラ・コンサドーレはDFが強くて、競る前にしっかり身体を当てるのを徹底していた。

前半は、0-0。

後半も作陽が圧すものの、どうもしっかり甲に当てて強くシュートを打つものの、GKに阻まれる。ベンチから流し込めの指示が出たとたん、GKを外してゴールのサイドへ流し込むシュート。作陽が先制。

この後は、作陽が圧しているだけではなくスコアも、内容に追いついてきた。CKからのヘッドをバーに当てるのが2回あったり、シュートがポストに弾かれたりもあって、でも、先制点の後に3ゴール。

結果、4-0で作陽が完勝。強い。

以上
posted by pon at 11:21| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。