←Amazonでお買い物♪

2020年01月20日

【女サ】東北新人戦最終日

3位決定戦は、明桜 2-0 ふたば未来。

前半は強風といっていい風の強さで、それがあっちのゴールからこっちのゴールに吹いていた。あっちがふたば未来。で、なんか寒くて適当に風を避けながらふらふらしてたら、いつのまにか風下の明桜がたたたんと2ゴールをあげたらしく、そこをちょうど見てなかったので、試合終了時点ではスコアレスで引き分けだと思ってました。そしえ、間違いツイートをしてしまい、すいませんでした。それは、その後削除しました。

というわけで、明桜が3位。ふたばは4位。

決勝は、やはり強風の中、聖和が終始守備も攻撃もアグレッシブに動き回り、前半3点、後半4点。7-0で優勝しました。なんか、強かったよ聖和。ちょっと怖いぐらい。こんなところで躓いてる暇ないからさー的な空気感がある(ような気がする)。

3点目は昨日の試合に引き続き、逆サイドへの強烈で正確なシュートだったし、後半のこぼれ球をGKの上を豪快に蹴り抜いたシュートもすごかった。やってることは確かに聖和っぽいんだけど、全国で勝たなきゃなんにもならないっていう危機感なのかな、と。

少し緩くしてみることもあっていいとは思います、個人的には。試合はそれでもいいんだけど、休息はきちんと取ること、なんか調子悪いなーってなったら休むことも大切です。
http://tohoku-fa.jp/score/2019/hs_rookie_women_2019/

優勝 聖和
準優勝 専大北上

北上は#11が良かった。小柄だけど、小柄だけにきびきび動けていて、かつ奪われない。強い相手と対戦するときは奪われないっていうのはかなり大事。ちょっとでもトラップが流れる、大きくなる、出しどころを探してしまう、そうなるとすぐに詰められる。DFを背負ってでも奪われないっていうだけでいいプレーヤーだなって思います。去年の#10とは違ったタイプだけど、いい見本がそこにいるわけなので、なんでそれができるのかきちんと考えるといいと思います。

以上。
posted by pon at 18:06| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。