このBlogに価値ありとお思いの読者の方は、Amazonでお買い物の際に左のバナーから商品検索してからご購入いただければ幸いです。

2019年07月20日

【女サ】まーこーゆー風に思うやつもいるんだなーぐらいに思ってください、選手権初日

結果やレビューはあとであっちに書くけど、ここでは、まずボールを中に返してダメだしされてた件について。

状況としては、自陣真ん中辺り(ペナエリアの外の半円辺り)と、もう少し右の横位置としてはペナエリアの端辺り。中央から端に強いボールが出て、端にいた選手(ボールに対して正面を向いてた)が中央に蹴り返したっていうものです。

で、中に返すなってことになるわけですけど、ま、中に返した選手もそうしたくてやってるわけじゃなくて、バンって来たから足を出したらそのまま戻っちゃったみたいな。で、相手が格上でそちこちで狙ってるから止める余裕もないし、この試合では特に球離れを早くしたかったはずで、止めてる場合でもない。

で、中に返すなって言われて、俺がそこにいたらどう言うか。

こんな近くじゃなく、大きく外に蹴ればいいじゃん!!って言う。繋ぎたい状況でも繋ぎのパスでもないんだし。中に蹴るなって言ってる選手たちでも、そこにいたら同じようなことをしてる気がする。

だいたい前を向いててもピッチの右半分では右に蹴ることが多いし、後ろを向きながら蹴るとすると右足で蹴る以上、やっぱり右サイドに飛びやすい。ということは、だいたい右に来るってことになる。

右利きであの状況でどうする?ってことを考えてみたよ。

1. 左で蹴る。左なら角度を変えて相手陣内側に蹴りやすいから。自分の右側に蹴るのは左の方が簡単です(当たり前だよね..)。

2. 右アウトで蹴る。

3. 右で逆サイドまで大きく蹴る。

で、多分ここまでのことができるならもーやってる。

4. 一旦迎えにいって、ある瞬間、バックして相手をかわす。

5. 4と同じようにしてスルーする。

4は聖和的に言えばフェイクバック。やっぱ全女サの皆さんはこれ練習すべきだな。前に出て片足で踏ん張って下がるって、なかなか大変なんだけど。今からこれやるのかってなると大変だし。5も同じような動きをしつつだけど、相手が引っかかるかどうかわかんないので、難しいかなぁ。相手を身体で抑えつつボールをやり過ごすとかでもいいんだけど、合同の選手ならやれるだろうけどなー。

ただ、2日目まで1週間あるんだし、これはまずいぞってなってると思うので、しっかりどうするのがいいかトレーニングを積んでいくのがいいでしょう。でも、まー無理は禁物です。やれることとやれないことがあるものですから。

あ。もう一つあるな。

6. 状況に対処できる選手を入れる。つまり、今は左にいて、中に返さないようにちゃんとできる選手がいれば、左右のポジションを交換すればいいんだよ。先に書いた通りでボールは右サイドに来ることが多いんだし、左に移れば右足で蹴る角度を相手側に変えるのは楽なんだから。

じゃー頑張ってねー。

以上です。
posted by pon at 16:58| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。