このBlogに価値ありとお思いの読者の方は、Amazonでお買い物の際に左のバナーから商品検索してからご購入いただければ幸いです。

2019年01月07日

【女サ】続きだけど、前半の補足の訂正みたいな

訂正ってわけじゃないけど、別角度の動画を見せてもらえたので、それを踏まえてもう少し書く。

まず、ゴールシーンの整理ね。

1. 下がった,#9飯干が左サイドの#20渡辺から横パスをもらう。
2. 中央の#10宮本に流し、#9飯干は前へ。
3. #10宮本は、右外の#15野中へパス。
4. その間、#7吉野が前線へ走り込む。
5. #15野中は中に入って、ペナエリアのラインの中央あたりにいた#9飯干にクロスを入れる。
6. #9飯干はボールをコントロールして、ゴール右へシュート。

基本、相手は聖和対策として(かどうかは知りませんが)ボール付近を狭くする感じになってる。

まず、1. の後、#9飯干は前を向いてるけど、こっちサイドに9人いるので、#10宮本へ流した。#10宮本は薄い逆サイドへボールを動かして、#15野中へつなぐ。この時、相手はざざざっと逆サイドへ移動させられているし、注意を引き付けられている。しかも#7吉野が出てきていて、サイドに流れるので付いていくことも考えないといけない。

#15野中は一度前を向いて、相手は縦を切るためその正面に立ち、もう一人は#7吉野に付こうとしている。

この相手の全体が逆サイドに流されたところで、#9飯干は前に出て行ってるけど、相手の注意が逆サイドに向いているのを見て、やや離れ気味に左サイドにポジションを取ってたみたい。

右に流れた#7吉野を見て、#15野中は、中に進路を取ってドリブルで進む。縦をケアしてた相手がやや混乱。TBSの映像だとよくわからないけど、この時、ペナエリアの縦線を越える辺りまでは切れ込んでいて、そのまま来られても面倒だったり、#3菊地も寄せて行ってて、そっちにはDFが一人付いてたけど、もう少し厚くしたかったんだろうけど、相手のCapもスペースを埋めに寄って行った。

ここで、相手は、さっきは左サイドに9人いたのに右サイドでは5-6人しかいない。

そして、#9飯干が中央のスペースにふわっと入っててクロスを受けてゴール。

いろいろいい絡みがあったってことかな。サイドチェンジがきれいに効果を出して、また、縦のケアに対して中に進んで、混乱を誘ったし、中に入るタイミングというのか、いったん相手の注意から逃れるため外にいて、いいところでぽっかり空いた中央のスペースに入り込んだ。

左の密集を崩して、横に拡げたのが良かったのと、その薄い方で縦を意識させてから中に入ったのが効いたのかなーと。どこに注意を向けるのかっていうと、なんか手品師みたいだけど、そういうことだと思うよ。そういう動画見たなちょっと前に。

これかな。


3人目の動きとかスルーとかも、要するにそういうことだし。

あと、ゴールしてみんながわーっと集まって、GKも合流した後に、#7吉野が悠然と後ろから現れてるんだけど、これ、クロスのところで、急いで後ろに戻ったのかなーって思いました。

後半に続く。
posted by pon at 20:58| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。