このBlogに価値ありとお思いの読者の方は、Amazonでお買い物の際に左のバナーから商品検索してからご購入いただければ幸いです。

2018年10月31日

【女サ】新人戦決勝(後半)

特にこれといったことはなくて、なんとなく終わった感じ。

やっぱりやりあってるっていう印象が強くて、コントロールしてるようには見えないなー。後ろでは回してるけど、ハーフウェイラインを越えると、ドリブルでもパスでも急いでしまう。そして、止められる。

深い位置から、スペースがあったので、ドリブルで中央まで運んで、ちょっと長め縦パス。さっくりカットされ、逆に攻められるとか、うーんってなる。

真ん中を過ぎると、敢えて厳しいところにばんばん出してくみたいな。

決定的なピンチはなかったけど、決定的なチャスも無しだね。CKから抜け出したとこはあったけど、ボールが長くなってGKが抑えたわけで、決定的とまでは言えないでしょう。

聖和的には、これから熟成させていくのだから、とりあえず大きな問題はないと思うけど、相手はちょっとあれだね。前半の途中まではともかく、その後は見せ場がなかった。ちょっと心配なぐらい。相手目線に立てば、攻め急ぎの聖和の縦パスをカットして攻め込もうとするも、すぐに奪い返され、ロングボールも先に触られて跳ね返され、攻められ、でも止めての繰り返し。

やっぱり中央を超えたあたりから、前にしか出さないし、受けてもターンするのが多いような気がするので、相手陣内でも前、後ろ、前、後ろ、斜め前、横とか、斜め前、後ろ、みたいになると面白いだろうと思います。

こんなとこでしょうか。

以上
posted by pon at 22:44| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。