このBlogに価値ありとお思いの読者の方は、Amazonでお買い物の際に左のバナーから商品検索してからご購入いただければ幸いです。

2018年10月30日

【女サ】新人戦決勝(前半)

出だしは良かったんだけど、なんか妙に怪しくなり、ディフェンスラインでとんでもない横パスをして奪われてしまい、大ピンチ。

ロングボールでもピンチになり、どうも変なミスが出る。

中盤ではうまく奪って回すんだけど、でも、シュートまではいかない。ファーストシュートは聖和だったんだけどね。

まー相手の方もベンチからは叱咤激励で、うまくいってないわけで。速いけどパスやクロスは曖昧な印象。

聖和に戻ると、仕掛けはしてんだけど、やっぱり不正確なのかなー。まさか動画の残り10分で2点を取るとは思えない出来栄えだよね。

そして、FKから素早い縦パスを受けて付いてるDFを左右に振ってシュートはGKが伸ばした手の上を超えて先制ゴール。揺さぶりからの正確なキックでした。

この後はそれなりに思い切りよくやれてたかなー。弾かれたけどいいシュートもあった。

CKで、ショートをスルーしたけど奪われ、押し戻されそうになって奪って(というかこれも相手のパスミスだなぁ)縦パス、走り込んでファー側にシュートはポストに跳ね返されたけど、感じるものがあったんだと思うけど、ポストに当たるのがわかってたみたいに詰めてて、どこに当たったかはわかんないけど、押し込んだ。これで2-0となり、ホイッスル。後半へ。

まだまだだけど、それらしい萌芽は芽吹いてるといったところでしょうか。お互い新チームが発足してるわけでもない中でのゲームだし、新人戦東北大会の時にはどっちも成長してるだろうからまた面白そうです。

聖和は、普段やってることがところどころに出てると思う。全体をコントロールすることはできてなくても、ある数秒間だけ、それっぽい。

ゴールシーンは、ほんと、ほんのちょっとの間の出来事です。それはそれで素晴らしいですが、例えば去年の選手権東北大会で、相手をペナエリアに押し込んでいったい何本つないだんだ?!っていう中からのゴールのようなものをまた見たいですね。というか、ちょくちょく見たい。

後半に続く。
posted by pon at 23:00| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。