このBlogに価値ありとお思いの読者の方は、Amazonでお買い物の際に左のバナーから商品検索してからご購入いただければ幸いです。

2018年05月13日

【女サ】東北女子サッカーリーグ南 聖和 vs 東北公益文科大

南北に分かれているとはいえ、公益文化大は酒田なので、宮城に来るのも大変なはず。Google Mapでは利府まで2時間半、往復5時間の過酷な旅。関東、関西と違って近くに好敵手がいないっていうのが東北の現状なので、致し方ないけど、負担は大きい。地理的には、北ブロックを太平洋側と日本海側に分けてあげて、酒田は好きな方に入れるとかにすれば多少楽になりそうだけど、チーム数やらレベルやらの問題がありそう。

# 東北生活文化大は生文大って言ったりするし、東北公益文科大も公文大でいいのかなーとも思うけど、Googleで東北公文大で引いても上位にでは出てこないし(公文学習塾がいっぱい出てくる。)、実際どうなんですか?教えて、知ってる人。
# →公式サイトのurlでは「公益」大ですね。公文を公益に書き換えます。

東北女子リーグは一般女子のリーグ戦なので、ゲーム時間は90分です。高校生にとっては鍛えられますね。体力的にもだけど、90分という中でのゲームの流れや時間帯を考慮したプレーの選択とか、やっぱりサッカーっていうものは90分が基本ですから。

さて、試合に移ると、公益大は、そんな遠くから来てるだけあって、モチベーションも高く、強豪とはいえ高校生相手だし、Liga Studentでは勝ってるし(https://mainichi.jp/articles/20180417/ddm/035/050/109000c)、公益大が先制。裏に抜けてGKが引き出されてかわされ、無人のゴールへ。まだ10分も経ってないし。

でも、聖和もポゼッションを取りつつ、20分ごろに、右からドリブル突破。マイナスのグラウンダークロス。スルーを入れて、フリーで受けた選手がゴール左へ蹴り込み同点。GKが飛んで触ったみたいだけど弾けず。

これで落ち着くかというとそうではなく。聖和はやっぱり裏を狙われ、バタついた挙句、グラウンダーのシュートがきれいにコースを突き、公益大が突き放し。この時の、どうにもならない感は厳しい。ただ、軽く遠めに蹴っておけばよさそうなんだけど、強く蹴り出そうとして、身体が固くなって相手正面に蹴ってたり。

この後ぐらいから、後目にいた#13が前に出て行くようになり、裏に抜けた#13がDFを引き連れつつも、きれいに流し込み再び同点。

前半終了。

後半もあんまり状況は変わらずで、開始10分ぐらいで公益大がゴール。そして、一人痛めて倒れてしまう。

で、三度、聖和が同点に追いつく。

なんというか、難しい状況。公益大はシンプルなので、ぶれずに同じことをやり続け、なんとも、きっちりしてる。愚直だけど、そこが強さにつながってる。

聖和は、聖和がやりたいことをとことんやろうとはするんだけど、なんか、合ってないよっていうのがちらほらある。何度か回して、よし前に出るぞっていうタイミングで縦パスを獲られたり、足の裏や踵で後ろに流すのが、相手の真ん前だったり、呼吸が合ってなくてただやってるだけだったり。

結果、3-3で引き分けでした。
IMG_1033 (600x450).jpg

公益大に興味を持った方はこちら。
http://koekiwomensoccer.n-da.jp/

聖和は、facebook、インスタ、学校のサイト等いろいろ展開してるので、羅列しておきます。
http://highschool.seiwa.ac.jp/campuslife/club/soccer_w/
https://www.facebook.com/fc.seiwa/
https://www.instagram.com/fc.seiwa__official/
https://twitter.com/fcseiwa
https://fcseiwa.blogspot.jp/

公益大の写真をいくつか。
IMG_0996 (600x450).jpg

IMG_0998 (600x450).jpg

IMG_1003 (600x450).jpg

IMG_1036 (600x450).jpg

# 聖和の写真は別サイトでご覧ください。

以上

posted by pon at 11:04| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。