このBlogに価値ありとお思いの読者の方は、Amazonでお買い物の際に左のバナーから商品検索してからご購入いただければ幸いです。

2018年05月09日

【社会】来ても来なくてもいいんだけどイニエスタに30億っすか

3年で100億。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000030-nkgendai-socc

「約半分の15億円が実質的な年俸です。残りは日本企業とのスポンサー契約を橋渡ししたり、彼が地元で経営しているワイナリーからワインを大量に買い付けたり、そういった部分で補填していく。さらには神戸自体のスポンサー企業に『イニエスタで広告訴求力が何倍にも増える。来季から広告費をアップして欲しい』と営業を掛けられる。上積み分を年俸の一部に充当するというわけです」


とりあえず、2016年度の決算を見てみますか。
https://www.jleague.jp/docs/aboutj/club-h28kaiji_02.pdf#search=%27J1+%E6%B1%BA%E7%AE%97%27

2017年は見つからなかったので。。

この辺の人に近いところと比べるのがいいかと思うのでベガルタと比較しましょう。

費用です。単位は100万円。









SendaiKobe
チーム人件費11872068
試合関連経費115337
トップチーム運営経費215171
アカデミー運営経費6470
女子チーム運営経費440
物販関連費116143
販売費および一般管理費6871034
当期純利益(▲損失)▲ 11929


あれ?ベガルタ1億円の赤字になってんじゃん。全然知りませんでしたよ。

さて、2016年度の決算だから、今はどうか知りませんが、神戸は純利益2千9百万円です。ま、これだけでは何もわかりません。この年の利益がこれだけだったってことがわかるだけです。

BSを見ると、資産が1371、負債が1208、資本が163。資本の内訳は、資本金98、資本剰余金等561、利益剰余金▲ 496。

というわけで、30億払うためのお金はありません。となると神戸が払うためには、例えば胸スポンサーとかの楽天向け広告料収入としてこれまで以上のお金をもらう契約にすることになります。

うーん、なんか考えてもらおうと思ってあれこれ調べて書いたけど、どうでもいいような気がしてきたな。どうでもいい話だし。

おわり。




























posted by pon at 18:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。