2018年01月12日

【社会】こういうのって

もう、続けてもどうしようもないと思いますよ。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201801/20180112_13022.html

記憶なんてどんどん改ざんされていくもんだし、何が客観的事実なのかもうわかんないでしょ。わーわー言えば「錯覚だったかも」になるかもしれないけど(もちろん、初めからウソをついているかもしれないけど)、そういうのって、無理矢理自白を迫るのと同じ手法です。

振り上げた拳を下ろすところがないのはわかりますけど、こういうことを続けてもなー。やれることとしては、そういった関わったいろんな人の証言を集めて法廷で証言してもらうぐらいでしょう。それが有効なのかどうかわかりませんけども。

はっきりしているのは、今後はきちんと避難ルートをちょくちょく確認することと、止められたとしても自分の意志でできるだけ高いところに逃げるべきだってこと。

どこまで逃げれば安全とかはないし(まさかあれが最大だなんて思ってないでしょうね..)、避難時にいったん低いところへ出るとかだと、タイミングも問題になる。津波の高さによってはその場にとどまった方が正解だったりもするでしょう。

某銀行を遺族が訴えたのがありますけど、屋上でなくてもっと高いところに避難させるべきだったっていう内容だと覚えてますが、それのYahooニュースのコメントで、「でも津波が数十mじゃなく数mだったとして、避難させたら途中で呑まれてしまいましたってなっても訴えるんでしょ?」っていうやつがあった。どれだけの高さの波がくるかよくわからない中で、すべてを会社側の責任にするのは無理があるでしょう。高台に逃げようとしたのを業務命令で止めたのなら別ですけど。

とまー、そんなことを思いました。気分を悪くされた方には申し訳ありません。

おわり。
posted by pon at 09:47| Comment(0) | 社会のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。