2017年09月12日

まどうでもいいっちゃいいんだけども

どんどん地方が衰退して、都心部だけが発展するというのが現状で、どうにかなるよとか思ってあれこれやってたりもするんだろうけど、おそらく、ペイしてない。

リボーンとかね。ボランティアとか動員して、自分たちのライブで稼いだ金を回して、自治体からも援助してもらってどうにかなってるだけでしょ?単体でペイするなら、毎年でも四半期ごとでもできる。

四半期がいいと思うんだよね。四季に合わせた芸術祭とかよくない?

でもできないんだろうな。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170912_13034.html

五輪前にもう一回とか、そんな感じ。

で、この鹿なんだけど。。
https://mainichi.jp/articles/20170912/ddm/013/100/014000c

もののけ姫の鹿みたいなだいだらぼっちみたいなものしかイメージできないんだけど、どうなんだろうねー。

別にうちらは神として崇め奉ってたわけじゃないんだけど。困難に立ち向かう勇気とか言われても、これジブリじゃね?って感じがするんだな。

さて。本題は別にある。そんなもんだけどね、このBlog。

サッカーなんだけどね。どんどん勝つということに興味がなくなってきてるんですけども、じゃ、何があればいいかっていうと面白いってことなんだな。

勝ったからえらいなんていうのは前時代的なもんで、バカバカしいとしか思わないわけですよ、個人的にですよ。

サッカーに対して思うのは、サッカーがどんどん盛り上がるべきだとはまーったく思わないし代表が勝つべきとはまーったく思いません。どうだっていいじゃん。そんなもんに頼らないと楽しく生きていけないならそっちの方が問題だって。

どうでもいいの、そんなものは。巨人が勝とうが、サッカー日本代表が勝とうか、桐生が10秒を切ろうがどうでもいいでしょ?

いや、桐生は偉いとは思う。相対的な話じゃなくて絶対的なスコアだからね。

でも、10秒かどうかって、十進法のせかいだからのことなんで、別に10秒に特別な意味なんてないし。ちょっとでも速くなればいいじゃないの?

それでサッカーに戻ると、ま、仙台以外の高校じゃ女子サッカーが成り立たないっていうのはもう事実認定するしかなくて、これから先どうにもならんでしょ。

俺が出た男子高校でいえば6クラスあったので、40人として240人で、3学年で720人。男女で半々となれば360人。女子はスポーツをしない層が多い感じだし、そこから30人確保するなんて至難の業でしょ。

となると問題なのは、サッカーやってみたいけど、そういうのがない場合にどうするかってことだけで、そこさえクリアできれば、もうどうでもいいなと思ってます。

バレーが人気になってサッカーやる子がいなくなっても別にいいでしょ?サッカーやりたくないんだから。

やりたいと思ってる子をどうするかが問題で、そのためには、各地にそれこそ駅単位で指導者がいないといけない。でもそれ無理じゃん、多分だけど。できるんならもうそうなってるだろうし。

できないよなー。

その駅では女サ人口1人だけとか、5人ですとか、今日は8人来たので4対4でミニゲームができましたとか、それぞれに指導者1人とか。。当然ながら休むことも考えたら最低2人で回さないとだめだろうし。

そんなことを考えてました。もし、各駅前に壁打ち施設を設置できれば違うと思うけど。

おわり。
posted by pon at 20:15| Comment(0) | 身近なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。