2013年12月17日

全国高校女子サッカー選手権まで1ヶ月を切ってる!!

何を目指すかは人それぞれ、チームそれぞれ、協会の大人の事情とかもありそうだけど。

そんな中で、激励のような願望のようなどうでもいいんだぞ、な感じもあり。
2013-12-06_18-16-34.JPG

そもそも、勝ち負けとかくだらないーって思ってたりもするし。そこのところ、聖和は負けても面白サッカーを魅せつけてやれば、それでいいと思うのと、ほんとに魅せつけるならどんどん上に行かないとなってのもあるし。

ということですけど、どうなんだろう。寒いかそうでもないか、去年も行ったからわかってそうだけど、今年はどうだろうなぁ。

東北代表4チームは、すべて宮城のチームなので、今年は気合が入ります。逆にどこが出ても一緒じゃねーのー?!なことになったら悲しいけど。

ところで。

高校女子もいいんですけど、先に先日の皇后杯(於ユアスタ)からいきまっしょう。この日は、いろいろ出てましたよ、聖和OGが。

第1試合は、アルビレックスvsベレーザ。ベレーザGKは曽山。アルビレックスには斎藤友里がいて、常盤木OGの小原由梨愛がいます。小原はクールな常盤木選手の中で唯一、地方大会でもゴールを決めるとガッツポーズをするので気に入ってたのだな。

でも、曽山は機会阻止で一発レッド。でも真ん中を破られて、出るか出まいかの状況で、ペナエリアの外で相手を倒したわけだ。これ、中だったらPKだからね。FKにして自分は退場するけど、でもきっと抑えてね、だったんだよね。こういう判断もありだよな。PKだったら、1人減る上に失点。FKなら、1人減っても失点しないで済む可能性も高い。

第2試合は、ベガルタvs伊賀くノ一。ベガルタには、小野瞳、佐々木繭。くの一には櫨まどか。監督さんのDVDで知ったことだけど、櫨はマドラーの人ね(多分。いやDVD貸しっぱなしでさー。確認が取れない状況なわけよ)。

でも、小野はベンチ外で、佐々木もベンチにいただけだった。

くノ一の櫨は後半途中出場だったけど、技術の確かさは絶品だったな。短い時間だったとはいえ、パスミスもトラップミスも無し。味方へのパスも、止めやすいところに出してるから、そこもミス無し。さすがだな。


さすがにインターネット世代なので、全員、検索すると聖和時代の写真が出てくる。出てくる以上は書いてもいいでしょ?!ってな感じ。

高校選手権に戻ろう。

まず、対戦カードを確認。

(東北1位)常盤木学園 - 本庄第一高校(関東6/埼玉)
(東北2位)聖和学園 - 鎮西学院高校(九州3/長崎)
(東北3位)仙台育英学園 - 神村学園高等部(九州1/鹿児島)
(東北4位)東北高校 - 柳ヶ浦高校(九州2/大分)

さーさー。これみてなんか変だよね。なんで、東北3位の相手が九州1位で、東北4位の相手が九州2位なんだろう。ま、いけーどね。どっちも強そうだし。

それに、東北(っつーか宮城)3チームの相手がすべて九州なんだよな。面白いね。宮城vs九州。

多分だけど、常盤木は大丈夫でしょう。聖和はしっかりやってね!って感じ。

問題は、仙台育英と東北。かなりの強豪だからね。でもさー、なんとなーくだけど、神村に勝てるのって仙台育英じゃない??。育英は走り負けることもないだろうし、速い分、正確さはおろそかになってる印象もあるけど、ハマればガンガン、行けると思う。

東北も、粘り強さでは九州のチームに負けないじゃん。

というわけで、一回戦は4チームとも突破。すると、すごいよね。4/32だったのが、4/16になります。
2013-12-05_13-07-18.JPG

そんな中での2回戦。常盤木はともかく、東北の相手は作陽か十文字。やばいね。でもさー、柳ヶ浦を破ってんなら勝ってもおかしくないから。

仙台育英の相手は、常葉学園橘かなー。こっちもおんなじ。神村に勝っといて、2回戦負けなんてないって。

問題は聖和。湘南学院か、大阪桐蔭。まーなんとなくだけど大阪桐蔭はめんどい。でもまー、勝つことにしとく。

となって、2回戦も4チームとも突破。あれれれ、4/8が宮城かよー。やばいな。でも、超おもしろい。

でも残念ながら、ここまでだ。次は準々決勝になるけど、この通りにいくと、

常盤木vs東北
聖和vs仙台育英

になっちゃう。そしてラッキーなことに、ゆめりあで時間がずれるのでどっちも観戦できる。だから、ここまで行こう。宿もここまでは取ってるから。

ここで勝ったら、次はジュビロYAMAHAスタジアムだよ。

そして、これまでの話は置いといて、、だ。

当然ながら全国大会だから、すんごい奴いるからね。当たり前だけど、えーっなんだよ、こんなのついて行けないよ!!な選手がいるだろうな。

でもさー、自分が高校に入って、練習してみて、うっそー、なにこいつすんげー!!みたいな選手いたでしょ?でもさー、いつの間にか、それなりに対処できるようになってるよねー。速い奴には距離を保つ。テクがある奴には、間合いを保つ。そんぐらいでどうにかなってない?

んで、きたなって時に足を出してボールを外に出しちゃえば、相手ビビるぜ。あっちじゃそこそこ通用してたことが通用しないってなる。だから、すんごい奴と対峙することになっても、慌てず騒がず、今のうちからイメージしといて、適応するってことだよね。

すんごい奴にやられても、平静でいて欲しいんだよね。へーっ、さすが全国、すごいじゃん!!って感じでいいわけ。でも、それを打ち破る自分がいればとっても楽しい。必ず対処方法はあるよ。

TBSが取り上げてくれるのも嬉しいけど、なんか、TVって画一化が大好きなわけね。だから、カメラを回して、はい、わーっと盛り上げて下さいとか、バカなことを言う訳、馬鹿だから。こいつら、金にならないと思ったら速攻引くからね。で、うちはクールにやってますとか許されない雰囲気になるのも、困っともんだよな。

あとは会場の問題。
2013-12-05_14-20-42.JPG

一回戦、育英は聖和とかぶるので行けません。シャトルバスの時刻表しだいだけど、ゆめりあ→竜洋→静産大で行けるといいけどね。もしくは、自転車を貸して下さい。

聖和、また静産大かよ、見にくいっつーの。芝も微妙だしね。

あーあと、会場をしっかりイメージしといてね。聖和は静産大もゆめりあも知ってるからホームみたいなもんだよね、って感じでイメージする。

育英と東北は初だけど、これを見てしっかりイメトレして、ホームでやるみたいな気持ちになることが重要だよ。
http://waka77.fc2web.com/studium/15shizuoka/18ryuyo.htm
ヤマハの工場があって、テストコースもあるらしく、ゾクみたいなぶわーっていうバイクの音が断続的に響くのでそれも入れとくこと。

そんな感じでありました。
posted by pon at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック