2015年10月31日

【駄文】やっぱり暗くなると

外に出たくなくなるんだよなー。

だから、松森で借りたタオルを返しに行かなきゃいけないのに全然行けてない。今週は行こうと思ってたりもするんだけど、サルができる身体でもないのにわざわざ行く気にもならないよな。

でも返さないとね。

はーめんどい。

そろそろ復帰に向けて身体を作っていこうかしら。

そんで、復帰するとともにタオルを返す、みたいな。

でもなー、なんでこんな怪我したのかよくわかんないんだよねー。雨で滑ったことは確かにあるんだけど。ほんとにそのせいなのか、別の理由もあるのか、そこがわからない。

おわり。
posted by pon at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【駄文】やっぱりストリーミング厳しいな

今日もやってみた。


もうぼろぼろ。マシンパワーも問題だし、ネット環境もあるなこれ。左が聖和、右が東北。

一回、有線環境でもやってみようと思うけど、どうだかなー。ま、一応、雰囲気はわかるかもって思うけど。。

こっちサイドでパス回ししてるとこ撮ればよかった。

もーひとつ。


こんぐらいでも需要があればやってもいいけど、ゲームは無理。チャットとかSkype用のやつでカメラ動かせないから。いいカメラにしたら、さらに厳しくなって、いいPC買って、バッテリーもっちゃんとしてってなって、妙に本格的になっちゃって、そっちが主体になると観戦できなくなるしね。

サンバ隊のそばに置いてそっちメインっていうならアリかもな。でも風が強いとほんとこの動画みたいにクズみたいになって、せっかく頑張ってるのに申し訳ないことになるよね〜。

おわり。
posted by pon at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【女サ】けっこうちゃんと書いたな

なんでかっていうと、新人戦のサイトを作ってないからBlogで書くしかないってことだな多分。

それにしてもなんで平日開催が増えたのかな。おめーうっせーから来るんじゃねーよってことかな。

新人戦は宮一も観戦できなかったしな。1回戦と2回戦こそ重要なのに、2回戦も半分は平日だから、宮城広瀬も古川黎明も見られない。気仙沼西・松山も尚絅も見られなかった。

そして、今回、名前が消えた桜坂はどうなるのか。総体に出てこなかった登米はどうなるのか。

危機的状況にいるとしか思えない宮城県高校女子サッカーはどうなるのか。それとも危機とも思ってないのか。だったらさらに問題なんだけど。
IMGP4241 (480x360).jpg

おわり。
posted by pon at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【女サ】(宮城県新人戦2回戦) 聖和 vs 東北

何やら困った状況にいる東北高校。昨日の1回戦は宮一相手になんと2-0の辛勝。これまでの最小得点差じゃないかと思います。今日みたところ、9人での参戦。

パッと見あんまり気づかないのが不思議だが東北は2人少ない。
IMGP4279 (480x360).jpg

東北
IMGP4282 (480x360).jpg

聖和
IMGP4284 (480x360).jpg

ゲームが始まると、東北は#10を一人残して、ゴール前を固める。それを聖和がパス回しでなんとか崩そうとするという図式。

で、なかなか難しいのだけど、10分経たないぐらいで聖和が先制。

そんな聖和の圧倒的ポゼッションの中でも、東北はきっちり跳ね返すし、#10は柔らかいような危険な雰囲気で、スペースに出たボールを受けて前を向くと、小刻みなタッチと前へのスピードで仕掛けてくる。

一人でシュートまでもっていったシーンもあった。

でもやはり聖和がきれいなループから2点目。聖和優位は変わらないけど、東北#10に翻弄される場面があって、無理やり止めてイエローをもらいFKを献上。

その#10のFKシーン。


右に外れたけど、いい軌道だった。ぶれブレで申し訳ないっす。

前半は、聖和の2点リードで終了。

後半。聖和は3人まとめて交代して、東北のキックオフで再開。

大きく蹴り出す東北、ラインを上げる聖和、裏のスペースを狙う東北#10。どこがどうなってそうなったのかはともかく、東北#10が左から抜け出す。聖和のサイドバックがラインを崩して付いていく。オフサイドトラップ崩れと言ってしまえば一番簡単。

そして、ゴール。

完璧にやられた瞬間でした。
IMGP4312 (480x360).jpg

再開後もまた、同じようなシーンを作られ、CK。これに合わせたボールはバー直撃。なんとか凌いだ聖和だけど、入ってたらどうなっていたことか。。

勝負強さは相変わらずの東北高校なのだった。このあわあわした時間帯が気にはなった。

とはいえ、やはり数的優位だし、落ち着いてやってればやはり聖和のポゼッション。3点目をあげる。

どうも、前半の反省からか、多少遠くてもシュートを狙うことが増えてきてた。いいことです。相手はゴールエリアを中心に守ってきてて、聖和は、ゴールエリアから打ちたい感じだったけど、そこをペナルティエリアまで広げた。

最初からペナエリアぐらいではばんばん回してたんだから、いつでも撃つ気があれば撃てたんだよね。

で、そういう積極性が実を結び、きれいに空いたコースを狙ったのが決まって4点目。そして、5点目、6点目。もう決まりだけど、やっぱりすごいのが東北#10。

この状況でも、まーた一人でシュートまでもっていく。聖和も2人で対処してんだけどね。
IMGP4321 (480x360).jpg

スピードだけじゃなくて、コース取りがいいんだと思う。サイドで受けて前に進んで、止められる前に中に入って、切り込むというのではなく逆サイドに突き進む、みたいな、そんなのもあったし。しかもなんだか楽し気に見える。数年前の井関さんとはまた違ったタイプだけど、これを全国に見せられないなんて(そんなことを勝手に決めていいわけでもないが状況的にそうなると思う)もったいないとしかいいようがないな。宮城サッカー界の名折れだ。

聖和 6-1 東北

なんとなく聞いている状況からすると、この9人で来年の総体も選手権も参戦することになるんだと思うけど、しかもその先はさらにつらい状況になるんだけど、どうにかすべきでしょう、これ。

おわり。
posted by pon at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【女サ】(宮城県新人戦2回戦) 聖ウルスラ vs 仙台育英

仙台育英グラウンドで開催された2回戦。今日は2試合です。残り2試合は、別の日に別の場所で行われ、観戦できません。なぜなら平日だから。

1回戦で気仙沼西・松山を辛くも1ゴールで破った聖ウルスラ。対するは強豪仙台育英。しかも育英のホームグラウンドっていうのが、さらに厳しい感じ。

ウルスラもしっかり縦入場を続けてます。
IMGP4243 (480x360).jpg

ウルスラ。
IMGP4245 (480x360).jpg

育英。
IMGP4246 (480x360).jpg

ゲームは終始、育英が圧倒。ほんとに圧倒してました。
IMGP4247 (480x360).jpg

育英についてはそれぐらいかな。

ウルスラは、押し込まれてても、相手陣内に出られる時があって、その時はがっつりラインをあげてました。そういう姿勢もあってか、ちょくちょくオフサイドを取ってた。

ただねー、なかなか厳しいね。これは。

まず気になったのはゴールキック。インサイドキックでサイドの選手に出すんだけど、まず弱い。そして、読まれすぎてる、そして、受け手が遠い。

なんにしても、キック力を付ける必要があって、そこからです。戦術も大切だけど蹴る止めるが最初だし土台だし基本だしそれなくしてはサッカーになりません。

もう少し蹴る力がつけば、たとえば、ボールを置いたサイドで、そっちの外側に蹴るのかと思わせといて、逆に蹴るとかもできるはず。あと、あえて空いてるスペースに蹴れば、多少は意表をつくこともできる。

それと、足でやろうとしすぎ。選手にもよるけど、ワンバウンドして跳ね上がってきたところを足を上げて処理しようとしてうまくいかないことがあって、体で止めるというのもしっかりやってかないと。

あとは、方針だろうとは思うけど、簡単に蹴り出すってことをしないチームなんですよね。それはそれでいいんだけど、きついときはタッチに逃げていいんじゃないかと思うんだけどどうなんだろう。このへん、聖和にも通じるんだけどね(最近はだいぶ変わってきたけど)。

監督さんは理論的で声を荒らげないタイプだと思われるんで、期待もあるんですけど、まずは蹴る止めるでしょう。それを動きながらです。それは、日常いろんな場面でやろうと思えばできます。ボールが出てきていったん前に出て下がりながら受けるとか、そういうのは選手個々人で、ボールがなくてもやる気があればイメージだけでできます。

そういうわけで、まだまだだけど期待は大きいので頑張ってねー。
IMGP4252 (480x360).jpg

聖ウルスラ 0-30 仙台育英

おわり。
posted by pon at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする